« 口は災いのもと | トップページ | 大事な仕事 »

2007年7月30日 (月)

みなとまつり(7/29)

6時10分起床。
朝食はごはん・明太子・素麺・鮭・冷奴。

今日は定期券更新のため「クイズ!ヘキサゴンスペシャル」を観たあとで外出。というか、「ヘキサゴン」はつるの・上地のツートップが何とも素晴らしいです。朝から笑わせていただきました。外出に際し往復で40分程度歩いたわけですが、あまりの暑さに体中が汗だく。ということで13時前後にはシャワーを浴びました。上がってからはHDDにて愛川欽也・三橋達也主演の土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー『阿蘇殺人ルート』」(1987年)を視聴。そして「27時間テレビ」でカツケン&マツケンが出演したのを確認すると再び外出したのであります。

今日は以前お話したメル友との初面談日。メール期間約1ヶ月ではありますが初めて電話した翌日には今日会うことが決定いたしました。待ち合わせは17時でしたが16時50分には「もう着いちゃった…」とメールをいただいたのでこちらも急いで合流。最初どこにいるかわからなかったのですが、「今○○だけどドコ?」「あ、すぐそっちに向かうね」なんていうやり取りを交わしながら無事、合流となりました。

以前にメールで「私、太ってるし可愛くないよ」と言っておりました。しかし自分からまずそう話題を振ってくる場合、大概は可愛いもの。今回も例に漏れず。結構、可愛らしいタイプでございました。

「どこで食べる?」と聞かれたので既に考えていた居酒屋さんに移動。本来は炉端焼き屋を予定していたのですが日曜定休であることが一昨日発覚。慌てて選んだお店であります。予約していなかったので隣り合わせとなりましたが、向かい合うのとはまた違った感覚でとても新鮮でした。

相手があまりお酒を飲めないということだったので食事をメインにいろいろプライベートな話しをしながら楽しい時間を過ごしました。とりあえずアルコールだけで言うなら私4杯と相手1杯。その他にもサワーやソフトドリンクを頂いたので結果的に凄い量だったかも知れません。

「顔、赤いよ」なんて言われながら耳とか頬を触られるのは嬉しいです。しまいには首筋やら太ももやら触るから「絶対Sでしょ?」と聞くと「どっちかというとM」「いや、S色が強いよ」「うーん両方かな」とのことだったので負けじとこちらも相手の耳やら首筋やら背中やら太ももやらを威嚇攻撃。確かにS・M両方兼ね備えてる感じがいたしました。一応、焼酎を飲みながら手を握っておりました。

締めのアイスをいただきながら「好き」と一言。「ありがとう」とお答えをもらいましたがムードも何もないですね。これじゃ。3時間半過ぎたあたりにお店を出て今度は花火が上がるというみなとまつり会場へ手を引っ張ってGO。あまりにも人が多かったので人通りが少ない裏道へ。そこで歩きながら「好き」と一言。「人、いるよ…」後ろ振り向くと確かにカップルとかおりましたね。やはりムードも何もあったものじゃありません。せっかくなんで「大好き」と言い換えておきました。「”大”に変わった(笑)。でもうれしいよ」。後ろから子供の声がしていたのでこれまたムードも何もなかったですが…。

現地に着くと人が多いこと。やはり浴衣姿の女性が多いです。私自身、みなとまつりに来るのもそこで打ち上げられる花火を見るのも6年ぶり。じーっと待ってると花火たちが大量に空を煌かせました。綺麗な光景です。とても美しいです。花火が空を輝かせてから20分ぐらい経ったころでしょうか。相手の方が突然「始まったみたい」と言うので相手もだけど私もビックリ。専用必需品を持っていなかったそうで。裏に隠れて「スカートに滲んでない?」と聞かれてチェックすると確かに一部に色が移ってたので早々に見送らせていただきました。

基本的にアニメの話しや映画の話、キョンシーの話し、「ロード」の話し、お互いのプライベート話しをしましたが結構似たもの同士であることがわかって嬉しかったですね。今度自宅に遊びに来てくれる約束と私の誕生日に会ってくれる約束を交わしておきました。どうなるかはわかりませんけど。とりあえずこのまま繋がるようメールは頻繁にやっときます。

でも、新規の出会いってやっぱりいいですね。自宅と職場だけじゃ、出会いも限られるし、そこまで魅力も感じませんからね。

ということで本日消灯であります。

|

« 口は災いのもと | トップページ | 大事な仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みなとまつり(7/29):

» 阿蘇 メル友/阿蘇 メル友 [熊本で出会いを探そう]
結婚後の夜の生活に満足しない、そんな女性が数多くいることをご存知ですか? この傾向は、実は、経済的に恵まれ、何不自由ない生活をしている20代の奥様に多いのです。ご主人が多忙だとか、年齢が離れすぎているとか、理由はさまざまですが、半年や1年以上あっちの方...... [続きを読む]

受信: 2007年9月12日 (水) 00:57

« 口は災いのもと | トップページ | 大事な仕事 »