« フォーエヴァー | トップページ | 越境捜査 »

2008年9月10日 (水)

DVDリリース

8時00分起床。
朝食はわさび茶漬け・味噌汁・ベーコンエッグ・かまぼこ・冷奴。

仕事場にて外部からの電話で私宛に「○○主任ですか?」と言われると妙に自分が偉く思えてしまうわけですが、実際にはまだまだ勉強が必要なペーペーであります。というか、大した仕事してないだけですが。

さて、今日で「ゴンゾウ~伝説の刑事~」が最終話を迎えたわけですが、そのラストに「ゴンゾウDVD化決定!」という告知がありました。ドラマの最終話でDVDリリース告知が行われるのは最近では決してめずらしくありませんが、水曜21時刑事ドラマは比較的DVD化の動きが鈍かったわけです。初放送から6年経ってようやく「相棒」が動きだし、「警視庁捜査一課9係」も今年これまでの全シリーズがDVD化されることになり、今度は「ゴンゾウ」です。間違いなく「相棒」がその道筋を作ったかたちです。しかしテレ朝・東映制作ドラマなのになぜか東映ビデオからはDVDがリリースされないのはちょっと不思議です。「相棒」はワーナー、「9係」はエイベックス、「ゴンゾウ」はジェネオンですから。まぁそのおかげで1巻あたりの単価が安く済んでるのも事実なわけですけど。それに東映と東映ビデオは別会社ですので、東映ドラマを必ずしも東映ビデオから出す必然性もないですし。他社がリリースするということは映像販売権を各メーカーが東映から買ったというかたちでしょう。こういうときに勘違いされやすいのがDVDの売り上げがシリーズの続編に繋がるわけではないということ。今回で言うと「ゴンゾウ」のDVDが売れて利益が上がるのはジェネオンで、制作した東映や放送局のテレ朝に入るのはマージンなんですよね。だからこそ本編終わる前にリリーススケジュールが決まるわけだし、視聴率が重宝されるわけですし。

水曜21時の刑事ドラマもDVDリリースが定例化しつつある今、今度は木曜ミステリー作品がDVDになることを祈るばかりです。1999年1月に「京都迷宮案内」でスタートした木曜ミステリー。シリーズもの合わせて40作品近くあるのに今のところDVDリリースされているのは2006年に放送された「科捜研の女・第7シリーズ」のみなわけですから。しかしリアルタイムで録画していてもDVDになるとついレンタルしてしまうのは性分なのかもしれません。

|

« フォーエヴァー | トップページ | 越境捜査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DVDリリース:

» ブランド品、宝石、毛皮、ポイントサイト、脳内メーカー、情報商材 [稼げる情報レビュー(改訂版)]
売れる、儲かる、稼げる商材がザクザクあります。 ブラン品、宝石、毛皮、健康、美容、エステ、音楽、映画、教材、アフィリエイト、脳内メーカー等 [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 14:33

« フォーエヴァー | トップページ | 越境捜査 »