« レアカード | トップページ | 注目ごと »

2012年9月 5日 (水)

ドラゴンボール エピソード オブ バーダック

今日は「ドラゴンボール エピソード オブ バーダック」という作品を視聴しました。

これは2011年に制作されたアニメーション作品で主役はバーダック。「たったひとりの最終決戦」直後の物語になっており、本編を見るまでは???でした。何せ、前述のスペシャルでバーダックはフリーザに殺され、その直後の話と言われても…

で、どんなものかと見てみると、どうやらバーダックはあの惑星ベジータをも破壊したあのフリーザの攻撃を受けながらもかろうじて生きており、その衝撃でなぜか惑星ベジータが元の惑星プラントだったころにタイムスリップしていたという、なんとも納得できるようなできないようななお話で…。

これを「ドラゴンボール」の正史と解釈するかパラレルと解釈するかは人それぞれでしょう。個人的には孤独な戦いの果て、仲間や息子を想いながら死んでいったテレビスペシャルで完結しているほうがバーダックの生き様としては美しいように思えます。しかし惑星プラントでフリーザの先祖にあたるチルドと死闘を繰り広げ、超サイヤ人にまでなったバーダック。これがあるからこそ、チルドの子孫にあたるフリーザ一族がサイヤ人殲滅に躍起になったのにも納得できるし、このバーダックの姿が「1万年にひとり現れる伝説の超サイヤ人」という伝説が生まれたとも考えられるので、このスピンオフも十分正史と考えられる要素があります。

生き残ったバーダックは過去へとタイムスリップし、そこで伝説の超サイヤ人になるも仲間はおらず、惑星プラントで孤独に生き続けたとすれば、それはそれで有りかなと思ったり。

残念なのはドドリア・ザーボンの声がかわっていたことと、バーダックとフリーザが対峙するときのやりとりが明らかに変更されていたことです。

しかし「改」が終了し、来年春に新作の「Z」映画が公開されることがはっきりしている今、これも視聴していて問題ないスピンオフ作品だと思います。

|

« レアカード | トップページ | 注目ごと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンボール エピソード オブ バーダック:

« レアカード | トップページ | 注目ごと »