« ドラゴンボール エピソード オブ バーダック | トップページ | 同じ匂い »

2012年9月 6日 (木)

注目ごと

私はオリンピックイヤーで楽しみに見ているスポーツがあります。

それは「パラリンピック」。いわゆる身体障害者が行うオリンピック競技ですが、これが結構すごいんです。

正直言って私はオリンピックに興味がありません。確かに選手は凄いしよく頑張ってると思います。今回のロンドンでもこれまでで最高のメダル数を獲得しました。ですがそこから私は感動を抱くことはありません。何せ選手たちはメダルを獲るために頑張ってるだけに過ぎず、表情も競技以外では浮いてるようにしか見えません。

その点、パラリンピックに出場している選手たちは競技はもちろん開会式から真剣そのもの。特に車いすでのバスケットや盲目者の柔道の活躍は五体満足な私が言うのは烏滸がましいですが、本当に素晴らしく感動できる姿です。

しかし納得できないのはテレビというメディアでの取り上げ率の低さ。オリンピックはハイライトを含め、しつこいくらいまでに中継し、ニュースでも同じ映像を流し、メダルを獲れば”感動”という言葉を前面に押し出すしつこさですが、パラリンピックはまったくもってテレビでは取り上げられません。中継はNHK総合で1時間(Eテレにて再放送)のみ。また、情報番組やニュースで取り上げることはまずありません。

それでも今回はメダルを多く獲得しているのでまだ取り上げますが、それでも時間的に短いし、番組によっては映像無しのフリップのみの解説。

さらに、今回のパラリンピックは時期的には「24時間テレビ愛は地球を救う」の放送と近かったにも関わらず、こちらの番組でパラリンピックを取り上げることは皆無だったそうです。

はっきりいって24時間テレビの現在の趣旨とも一致しているこのスポーツを取り上げないことがまったく理解できません。

これらの視聴者の意見に触れ、開会式を現地から中継した「みのもんたの朝ズバッ!」が唯一まともな番組という印象を受けました。

このマスメディアの偏性報道姿勢は今に始まったものではありませんが、ホント呆れてしまいます。

|

« ドラゴンボール エピソード オブ バーダック | トップページ | 同じ匂い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 注目ごと:

« ドラゴンボール エピソード オブ バーダック | トップページ | 同じ匂い »