« 音楽ヒミツ情報機関 MI6 | トップページ | 十万分の一の偶然 »

2012年12月14日 (金)

MOVIE大戦アルティメイタム

本日は映画「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」を見てきました。

やっぱり映画見るならキッズたちが少ない平日の朝でしょう☆それでもお父さんと一緒の子とかいましたけど。

今回は「フォーゼ」パートの脚本が中島かずき、「ウィザード」「MOVIE大戦」パートが初登板の浦沢義雄。監督・アクション監督は前作に続いて坂本浩一。

やっぱり坂本監督がメガホンをとってるだけあってとにかくアクションが凄かった。変身後はもちろん、生身のアクションの迫力が。どっちかというとアクションメインに、ストーリー性は二番手って感じですが、この迫力は素晴らしい。特にワイヤーとかを使った大掛かりなアクションを1カット長回しで撮ってるところがあってどんな撮影方法だったのか気になるところが。

「フォーゼ」はテレビ最終回から5年後が舞台。レギュラーキャスト総出演だし昨年のMOVIE大戦に出たなでしこや夏映画に出た原幹恵の再登場は嬉しかったわけで。あとサナギマン・イナズマンが登場しましたが特に違和感は無かったです。

「ウィザード」はテレビ1話みたく変身して主題歌に乗せて戦うウィザードが印象的。いきなりスタイルチェンジの連続ですし。こっちはポワトリンが登場。なかなかの浦沢義雄節が炸裂してました。いっそのことテレビシリーズも書いて欲しいくらい。

「MOVIE大戦」はなんといってもアクマイザーでしょう。デーモン閣下が声優として出たわけですが、はっきりいってうまい。閣下という事前情報が無かったら絶対閣下とは思ってなかったでしょう。良い声してるんですよねこれが。8人ライダーvs装甲車のバトルの迫力も凄い。しかし装甲車と聞くとどうしても「西部警察」を思い出してしまう世代ですわたくし。

デーモン閣下のエンディング曲もカッコよかった。本編終了後は例により新ライダーの顔見せ。テレビに出るのは新年明けたくらいでしょうか?

そして1月に公開される「ゴーバスターズvsゴーカイジャー」の特報と春公開予定の「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦2」の特報つき。こっちは既存映像ばかりではありましたが、今度は宇宙からの侵略者が礎になりそうで。これもまた見に行っちゃうかも。

今回の映画は5月にソフト化されるでしょうから間違いなく購入するでしょう。

-------------------

<今日の視聴ソフト>

■「仮面ライダーダブル」第42話 (BD-R)

■「愛しの刑事」第4話(DVD-VIDEO)

|

« 音楽ヒミツ情報機関 MI6 | トップページ | 十万分の一の偶然 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MOVIE大戦アルティメイタム:

« 音楽ヒミツ情報機関 MI6 | トップページ | 十万分の一の偶然 »